爽やかな雰囲気になる汗のニオイ対策

汗のニオイ対策をしっかりしよう

汗のニオイと言うのは体臭の中でもとてもクサくて周りを不快にさせるだけでなく、自分自身もイヤな思いをしてしまう可能性があります。


汗臭対策で汗のニオイを爽やかにして、スッキリとした毎日を送れるようにしていきましょう。


ここでは汗臭対策についてまとめてみましたので、皆さんのお悩み解消に役立ててもらえたらと思います。

汗のニオイはいい汗をかくことで解消

汗には、いい汗と悪い汗があります。

いい汗をかくことで汗のニオイを解消することができますし、美肌効果も期待できます。

サラサラした汗をかくことで、蒸発しやすくてニオイの気にならない汗にしていくことができます。いい汗のかきかたをすれば、保湿作用やウイルス侵入を防いでくれる役立つ汗になってくれます。

汗腺を鍛えることが効果的ですので、汗をかかない生活ではなく、汗をかく習慣を生活に取り入れると良いです。

汗腺を鍛えるのに利用するのが良いのがお風呂です。

お風呂でしっかりと汗をかけば汗腺が鍛えられますし、簡単に汗腺が鍛えられます。半身浴を行うことは効果があります。

それに加え、手足を高温のお湯をつけて汗腺を積極的に鍛えるとより効果があります。

高温といっても、43℃から44℃程度のお湯を使用します。

そこに両手の肘から先と、両足のヒザからしただけを浸します。

浅くお湯をくみ、そこにうつぶせになって両手の肘から先と、両足のヒザからしただけを浸すと楽にできます。

10分から15分程度、浸けて鍛えましょう。こうすることで働きが弱くなっていた汗腺を活発にすることができます。

二週間から三週間程度、続けると良いです。その後、お湯を半身浴用にしていきます。

37℃から38℃のお湯をみぞおち程度までためて半身浴をします。高温のお湯で交感神経を、ぬるめのお湯で副交感神経を刺激することができます。

両方を刺激することで自律神経のバランスを整える効果も期待できます。

汗腺を鍛える入浴後は、すぐに眠るのには適していません。就寝の一時間程度前には入浴を済ませておきましょう。

また、汗腺を鍛えるため、クーラーで体を冷やしてしまうよりも、扇風機などを使って自然に体温を下げていくほうが効果的です。

汗を扇風機の風邪で冷やしながら、自然に体温を下げていきましょう。

汗腺トレーニングをすることで、汗によって体温を調節しやすい身体にしていくことができますので、熱中症対策にも効果的です。

汗腺のトレーニングをしても汗をかきにくいという方は、熱中症のリスクが高い体質だと思ったほうが良いです。

クーラーは熱中症対策に使うことができますが、クーラーによって冷やしすぎると血管が収縮してしまうため、汗をかきにくくなり、逆に熱が体内にこもりやすくなってしまいます。

クーラーによる冷やしすぎに注意しましょう。

いい汗をかけるように汗腺を鍛えて、ニオイの解消だけでなく、健康や美容にも効果が期待できますので試してみると良いです。

 

ページの先頭へ