爽やかな雰囲気になる汗のニオイ対策

汗のニオイ対策をしっかりしよう

汗のニオイと言うのは体臭の中でもとてもクサくて周りを不快にさせるだけでなく、自分自身もイヤな思いをしてしまう可能性があります。


汗臭対策で汗のニオイを爽やかにして、スッキリとした毎日を送れるようにしていきましょう。


ここでは汗臭対策についてまとめてみましたので、皆さんのお悩み解消に役立ててもらえたらと思います。

汗のニオイは大丈夫?病気との違いを知ろう

4cda97b5dd8dab10b6348082352800b1_s.jpg夏場になると特に気になるのが汗のニオイです。

これは性別問わず皆さん気にされていることではないでしょうか。

汗のニオイは周りの方に不快な思いをさせてしまうのではないかという思いから、きつい香水を振りかけたり、制汗剤を振りまいたりしてニオイをごまかしている方を多く見かけます。

しかしいくらニオイをごまかしたところで、根本から解決しなければまたニオイは発生してしまいます。

汗臭いニオイが起こってくる原因として病気の場合とそうでない場合があるので、しっかり区別して体臭対策をしていきたいところです。

病気の有無で汗臭いニオイの原因を判断する

まず汗のニオイの違いによって病気なのか病気では無いのかを判断することができます。

糖尿病の人の汗は甘酸っぱいニオイがすることがあります。

これはケトン体というニオイ物質が汗の中に出てくることが原因とされています。

腎臓や肝臓が悪いと尿素が汗に多く含まれるようになり、アンモニア臭がするようになります。

こう言うニオイがするようになったら肝臓または腎臓の病気のサインかもしれません。

胃腸や口腔内に問題があると卵の腐ったようなニオイがします。更に病気ではなくでも油が酸化したようなニオイがします。

これをストレス臭と呼び、サラリーマンの方に多く見られる症状です。

これらの体臭が急に出てきた場合は何かしらのサインだと捉えて注意する必要があります。

しかし自分自身のニオイの違いに気づけない場合が多く、病気だった時かなり進行してしまう事があります。

周りの方にニオイの違いが出てきた事を知らせてもらう、または周りにそういう方がいらっしゃればいち早く知らせてあげ、少しでも早い段階で病気の発見をするように心がけましょう。

汗をかいて周りにニオイで迷惑をかけたくないからと水分を取らなかったりするのは逆効果で、余計に体臭がきつくなります。

汗のニオイは普段の生活習慣が原因でもあるので、気になりだしたら医師に相談し、生活習慣を改めるようにしましょう。

 

ページの先頭へ